TOP > はんこの通販情報 > はんこを作るなら通販がオススメです

はんこを作るなら通販がオススメです

はんこというと頭に浮かぶのは、自分の名字の印鑑でしょうか。
でもはんこにはいろいろな種類があります。
たとえば冠婚葬祭の時、お祝いやお供えの表書きに、自分の名前を書きますね。
そんな時用に、楷書で名字を押せるものがあります。
しかも通販で簡単に注文できます。
名字だけでなく、名前まで入ったフルネームのものも、もちろん作ることができます。
故人の名前だけではありません。
用途に応じた文字が、いろいろな形で作れます。
例えば葬儀や法事の時、「御香典」だったり「御霊前」だったりと、表書きは都度かわります。
もちろん専用の香典袋が売っていますが、これもはんこで作れます。
これは一例ですが、要はあちこちお店を探し回る手間もなく、欲しい文字がすぐに手に入るということです。
市販品に比べて高いなんてこともありません。
是非一度、通販のサイトを覗いてみてください。



インターネットとはんこの通販での購入

インターネットでのはんこを購入する通販サイトでは、一生使うはんこをできるだけ良い商品を安く購入できるサイトを探すことになります。
定期的に購入するという商品ではないので、インターネットでもじっくり探して、いちばん良い商品を購入するようにしなければなりません。
印鑑の場合には、購入しても失敗した商品を購入することはあまり考えられません。
一定の使用できる商品になります。
使う場合も、その商品で捺印をするだけなので、実際は商品自体は残ることがなく、自分の手元に戻ります。
ですので、あとはその商品に自分が満足できるかどうかということになります。
自分の一生の代身であり、常に使うものとしての愛着も出てきます。
そのためにも良い商品をできるだけ購入しておき、使う時に愛着が持てる材質やデザインのものを購入することが重要になります。



インターネット通販でのはんこの選び方

インターネットの通販は非常に便利ですが、販売している商品を選ぶ場合に、それぞれの商品で選び方があります。
はんこの場合も同じで、いくつかの条件をクリアした上ではんこの通販サイトから気に入った商品を選び、彫ってもらいます。
苗字が彫ってある三文判などは、安価ですが、緊急用として急に使う時に購入するぐらいで、長い期間使い続けるには貫禄に欠けます。
それで、はんこの選び方ですが、まず、素材選びがあります。
実印は大き目の印鑑を選びますし、認印や銀行印は実印よりも小さめの一般的な大きさを選びます。
便利なのは実印、銀行印、認印と三点セットで購入をしておく場合です。
長い期間どうしても使う印鑑ですので、一度まとめて購入をしておくと、長い人生で使う続けることができますし、管理もしやすくなります。
同じ材質で揃えておくと見た目も美しくなります。

次の記事へ
 

PAGE TOP