TOP > はんこの通販情報 > はんこの通販での実印の購入や選び方

はんこの通販での実印の購入や選び方

インターネットではんこの通販サイトで印鑑を選ぶ場合には、費用や好みなどの条件を決めて選ぶことになります。
とくに実印の場合には、重要な書類や印鑑登録などで利用するので、良い印鑑を購入しておくのが、その後の契約や相手への配慮でもプラスに働きます。
その契約なり書類なりを重要視していることになるからです。
安物の印鑑では、人格を疑われてしまいます。
自分の所有しているものでも、相手に影響を与えるということを前提に選ぶべきで、実印などはとくに重要になります。
一生でほとんど買い替えるということがない商品なので、その時は高く感じてもコストパフォーマンスは良いということでもあります。
生活レベルや地位が上がった時などに買い替えるという方法もありますが、やはり最初から良い印鑑を持つだけで、それを使う時に自信も湧いてきますし、安心感や希望も得られます。



はんこの通販での実印の購入と材質の選び方

インターネットのはんこの通販での印鑑の選び方では、材質の選び方も重要です。
印鑑の場合には、あまり激しい運動などで使うということはないので、強度などでの材質を選ぶよりも、好みや印象で選ぶ方が多くなります。
確かに印鑑が折れたりしているところは見たことがないのですが、欠けるということがあるので、よく利用する人の場合には、材質も欠けにくい材質を選ぶということも必要かもしれません。
実印はあまり使いませんが認印や銀行印などは頻繁に使います。
そうなると、落としたり、ぶつかったりで欠けることがあります。
欠けても使えますが、縁起が悪かったり、運勢的に良くなかったりします。
印鑑の先に名前が彫られていますが、その周りに円形の枠があります。
その中に文字が彫られていて、印影が押されます。
その時に文字や円の枠が欠けていると、そこから運勢が逃げてしまうという解釈をするからです。
ですのでかけないような素材を選ぶ必要もあります。



はんこの通販での印鑑の購入と価格

はんこの通販サイトで印鑑を購入する場合には、実印と銀行印や認め印とは価格や大きさが違ってきます。
実印は、契約や重要書類などに捺印するという重要な役目がありますので、少々高くても、相手が信頼できるような印鑑を購入する必要があります。
素材としては象牙やチタン、水牛や柘植などの印鑑が一般的ですが、実印の場合には、より高価な象牙やチタンなどで作ると印象もよく高価な感じも出て、相手にもインパクトを与えます。
昔は象牙が高級ということで人気がありましたが、今ではチタンも高級で高価格ということですし、何よりも壊れない、欠けにくいということや、火事でも溶けないということもメリットです。
金属なので冷たさがあるという人もいますが、輝いているので、お金に関連した連想も働き、お金が集まるような感じもします。
水牛や柘植なども人気がありますが、あとは好みということになります。

次の記事へ
 

PAGE TOP